敏感肌 洗顔&クレンジング

洗浄力が強すぎない洗顔&クレンジングが敏感肌に良い

敏感肌の方が洗顔やクレンジングを行う際の注意点を確認しておきましょう。
敏感肌の方は洗顔料やクレンジング剤を選ぶ際に十分注意が必要です。
洗浄力が強すぎるものは肌に刺激を与えてしまうため、ただでさえ刺激に敏感な肌質の方はすぐに肌トラブルを引き起こす原因となります。
洗顔料に関しては石油系界面活性剤など合成添加物を配合していないものを選ぶこと、クレンジングに関しては必要な皮脂まで洗い流す可能性が高いオイルクレンジングは避けることなどに注意して、肌にやさしい商品を選ぶようにしてください。カテキンなどは肌に良いのでお茶石鹸など使用してみるのも良いと思います。

 

顔の汚れを落とす際には洗い方にも注意が必要です。
しっかりと汚れを落とそうと意識するとどうしてもゴシゴシと力を込めてしまいそうになります。
皮膚に摩擦を与えてしまうとこれが刺激となって肌トラブルを引き起こしかねませんので注意してください。
洗顔料はしっかりと泡立てて、泡で洗うことを意識しましょう。
泡立てネットを使用すると簡単に濃密な泡が作れるので便利です。
クレンジングはやさしく肌に馴染ませるようにして余計な摩擦を与えないように注意してください。W洗顔をされる方では低刺激のタナカミネラルソープなどの洗顔石鹸を使用して肌に負担をかけすぎないケアをしていくとよいでしょう。

敏感肌の方はすすぎの際に注意しよう

すすぎを行なう際にはお湯の温度にも注意が必要です。
冷たすぎる場合は汚れが落としきれない可能性がありますし、熱すぎると皮脂を落としすぎるため乾燥を招きかねません。
ぬるま湯が一番適しているのですが、「ほんのり温かい」と感じる程度の温度に設定するようにしてください。

 

温度設定ができる場合は30〜34度くらいに設定するようにしてください。
洗顔料やクレンジング剤はすすぎ残しがないようにしっかりとすすぐようにしましょう。
洗顔後は非常に肌が乾燥しやすい状態になっていますので、すぐに保湿ケアをするようにしてください。

 

保湿効果の高い化粧水をつけて、乳液や保湿クリームで潤いを逃さないようにフタをしましょう。

 

基本的にはこのような流れでケアすることが必要ですが、洗顔という行為そのものが敏感肌の方にとっては負担がかかるものです。
過度に洗顔を行なう必要はありませんので、メイク汚れだけはしっかり落とすことを意識しましょう。

敏感肌の方でも使用しやすいセラムデュー

セラムデュー アクアクレンズは、とても使い心地の良いノンオイル美容液クレンジングです。

 

アクアクレンズの大きな特徴は18種類ものアミノ酸を配合してしっかりと毛穴の汚れまで落としきることができる点です。
アミノ酸の大きさはコラーゲンの3000分の1、オイルの10分の1というとても粒子が細かいアミノ酸であるため、毛穴に詰まった古い角質やメイク汚れなどがすっきりと洗い流すことができます。

 

オイルクレンジングではありませんので、お肌に負担をかけることがありません。
配合されているアミノ酸はアルギニン、アラニン、プロリンなどお肌に合わせたアミノ酸なので、お肌の健康維持に必要な栄養を補うことも期待できます。
年齢を重ねるとくすみがちになってしまうお肌も、くすみ知らずの透明感のあるお肌に仕上げることが期待できます。
クレンジングとして使っているだけなのに、いつのまにかお肌の状態が良くなってくることを実感される方が多いようです。

 

アクアクレンズに配合されている成分のうち、65%もが保湿成分アミノ酸の美容成分となっています。
クレンジングをするたびにお肌が突っ張る感じがして、乾燥肌に悩まされていた方も、たっぷりの潤い成分を補いながら洗うことができるので、洗いあがりもしっとりとした肌を実感することができます。
このようにメイク落としの他に毛穴ケア、くすみケア、乾燥ケアを同時に実感することができます。

 

オイルクレンジングに比べると滑らかさが感じにくいかと思いますが、これはアミノ酸がお肌に密着して汚れを浮かしている証拠です。
使い慣れていない方は多めの量を使用するようにして、お肌をゴシゴシとこすらないように注意しながら使うことがポイントです。
また、汚れ落ちはとても良いので短時間でクレンジングが完了してしまいます。

 

初めてご利用になる方は3週間分のハーフサーズや定期便のお試しなどお得にご利用いただくことができる方法が用意されています。
実際に使用感を確かめてみたい方におすすめなので是非ご検討ください。クレンジングと洗顔で肌の汚れを丁寧に落としたら、敏感肌のスキンケア化粧品でしっかり保湿していきましょう。